*&color(red){このページは2010年4月発足予定の応用計算力学専修のテストページです。}; [#nfb18770]
*応用力学・計算力学専修について [#xff7f696]

*応用計算力学専修の研究教育 [#xff7f696]
近年、計算機および数値シミュレーションの技術は目覚ましい発展を遂げ、これまで実験的には難しかった物理現象の解明が計算機を利用することにより可能になってきています。また、産業界でもこれらの技術を活用した先進的な機器設計が重要になっています。2010年4月に誕生した本専修では、計算力学的手法を用いた様々な物理現象の解明や広範な科学技術分野への応用はもとより、数理解析、理論解析、実験的解析、および、数値計算スキーム、計算技術、計算機ハードウェア、ポスト処理技術の開発などに関する研究を行っています。

近年、計算機および数値シミュレーションの技術は目覚ましい発展を遂げ、これまで実験的には難しかった物理現象の解明が計算機を利用することにより可能になってきています。また、産業界でもこれらの技術を活用した先進的な機器設計が重要になっています。2010年4月に新しく誕生した応用計算力学専修では、計算力学的手法を用いた様々な物理現象の解明や広範な科学技術分野への応用はもとより、数理解析、理論解析、実験的解析、および、数値計算スキーム、計算技術、計算機ハードウェア、ポスト処理技術の開発などに関する研究を行っています。
&ref(apcom2015.png,,62%);

&ref(apcom2010.gif,,50%);
*最近更新のあったページ [#m82f78c8]
#recent(5)

*News [#hfb8cb84]
-2009-11-20 テストページ運用開始
-2017年5月26日:松尾研究室の永瀬優理君(修士1年)が,火薬学会2017年度春季研究発表会において優秀講演賞を受賞しました(講演題目「パイプラインからの水素漏洩時における管内圧力場に関する数値解析」).
-2017年3月28日:松尾研究室の志村啓君(博士1年・助教)が,平成28年度衝撃波シンポジウム若手プレゼンテーション賞を受賞しました(講演題目「堆積粉塵上を伝播する衝撃波に対する数値解析」).
-2016年11月11日:松尾研究室の志村啓君(博士1年・助教)が,平成28年度火薬学会秋季研究発表会優秀講演賞を受賞しました(講演題目「層状炭粉塵爆発の火炎伝播機構に対する数値解析」).
-2016年3月18日:安藤研究室の近藤智貴君(修士2年)が,応⽤物理学会界⾯ナノ電⼦化学研究会・第2回ポスター発表展で優秀講演賞を受賞しました.
-2016年2月15日:泰岡研究室の山本詠士君(博士3年)が,[[第6回(平成27年度)日本学術振興会育志賞:http://www.st.keio.ac.jp/news/20160215_003.html]]を受賞しました.
-2015年12月2日:安藤研究室の小栗良太君(修士1年)が,2015年度日本混相流学会ベストプレゼンテーションアワードを受賞しました.
-2015年5月7日:小尾研究室の國井悠介君(修士2年)が,日本機械学会関東支部第21期講演会において[[若手優秀講演フェロー賞:http://www.jsme.or.jp/kt/shibusho/fellow2014.html]]を受賞しました.
-2015年4月1日:本専修が「応用力学・計算力学専修」として新たに発足しました.
-2013年2月16日:深潟康二准教授が,「2012年度・日本流体力学会論文賞」を受賞いたしました.
-2010年4月1日:本専修が正式に発足しました。
-2009年12月3日:本専修・小尾研究室卒業生で現在英国ブリストル大学でポスドク研究員をしている横田理央君と本専修の泰岡准教授が、長崎大学浜田剛助教らとの共同研究で米国電気電子学会の2009年「ゴードン・ベル賞」を受賞しました。

----
RIGHT:Visitors: &counter;