*応用計算力学専修について [#xff7f696]

近年、計算機および数値シミュレーションの技術は目覚ましい発展を遂げ、これまで実験的には難しかった物理現象の解明が計算機を利用することにより可能になってきています。また、産業界でもこれらの技術を活用した先進的な機器設計が重要になっています。2010年4月に新しく誕生した応用計算力学専修では、計算力学的手法を用いた様々な物理現象の解明や広範な科学技術分野への応用はもとより、数理解析、理論解析、実験的解析、および、数値計算スキーム、計算技術、計算機ハードウェア、ポスト処理技術の開発などに関する研究を行っています。

&ref(apcom2010.gif,,62%);

*最近更新のあったページ [#m82f78c8]
#recent(5)

*News [#hfb8cb84]
-2013年2月16日:深潟康二准教授が,「2012年度・日本流体力学会論文賞 」を受賞いたしました.
-2010年4月01日:本専修が正式に発足しました。
-2009年12月03日:本専修・小尾研究室卒業生で現在英国ブリストル大学でポスドク研究員をしている横田理央君と本専修の泰岡准教授が、長崎大学浜田剛助教らとの共同研究で米国電気電子学会の2009年「ゴードン・ベル賞」を受賞しました。

----
RIGHT:Visitors: &counter;